> コラム > 欧米で相次ぐ早期のEV専業化宣言 はたして日本のメーカーは対抗できるのか

欧米で相次ぐ早期のEV専業化宣言 はたして日本のメーカーは対抗できるのか

最近、欧米の自動車メーカーが相次いでEVの専業化について明確な導入時期を宣言をしている。一方、日系自動車メーカー各社は、EV専業化について明確な言葉は避けているのが現状だ。脱炭素の根幹ともいえる自動車産業のEV化について、現時点での状況や課題点についてジャーナリストの桃田健史氏にレポートしてもらった。

欧州自動車メーカーが相次ぎEVシフトを発表

「え!? あちらもこちらも、どうしてこのタイミングで…」。

そんなふうに、日系自動車メーカー各社の関係者らが大きなため息をつくほど、2021年に入り欧米自動車メーカーがEVシフトに向けた発表を行っている。

主な発表を挙げてみよう。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 93 %

この記事の著者

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.