欧米で相次ぐ早期のEV専業化宣言 はたして日本のメーカーは対抗できるのか

  • 印刷
  • 共有

最近、欧米の自動車メーカーが相次いでEVの専業化について明確な導入時期を宣言をしている。一方、日系自動車メーカー各社は、EV専業化について明確な言葉は避けているのが現状だ。脱炭素の根幹ともいえる自動車産業のEV化について、現時点での状況や課題点についてジャーナリストの桃田健史氏にレポートしてもらった。

欧州自動車メーカーが相次ぎEVシフトを発表

「え!? あちらもこちらも、どうしてこのタイミングで…」。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報