> コラム > 都市ガス脱炭素化の切り札「メタネーション」、現状と課題をおさらい(前編)

都市ガス脱炭素化の切り札「メタネーション」、現状と課題をおさらい(前編)

メタネーションとは水素(H2)と二酸化炭素(CO2)を合成することにより、メタン(CH4)、すなわち合成メタンを生成する技術の総称である。メタンは都市ガスの主成分である。
2050年カーボンニュートラル実現に向けては、エネルギー利用の電化とその再エネ電源化を促進するものの、主に熱利用分野では今後もガス体エネルギーの使用が想定されている。
そのガス体エネルギーの脱炭素化の手段として、水素の直接燃焼のほか、合成メタンの活用が有望視されている。日本ガス協会では、脱炭素製造された水素とCO2に由来する合成メタンを「カーボンニュートラルメタン」と呼んでいる。
合成メタンを製造する技術であるメタネーションそのものは古くから存在する技術であるが、現在は小規模な実証段階に留まっている。このため今後の合成メタンの大量導入のためには、メタネーションの大規模化、高効率化、低コスト化が不可欠である。
また技術的・経済的課題のほかに、さまざまな制度的な課題も存在するため、これらの解決に向けて官民共同で一体となった取り組みを進めるため、資源エネルギー庁は2021年6月に「メタネーション推進官民協議会」を設置した。
協議会の会合はすでに計3回開催されており、数多くの事業者などから技術開発動向や制度面での整備に向けた要望などが報告されている。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 73 %

この記事の著者

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.