> コラム > 洋上風力「促進区域」の指定要件 運用状況と課題を解説

洋上風力「促進区域」の指定要件 運用状況と課題を解説

洋上風力の利用対象海域は我が国全領海の12%程しかない。「促進区域」に指定されるためには、法律上の指定要件を満たすことに加え、利害関係者との合意形成が必要となるため、洋上風力の利用対象となる海域はさらに減少する。

「促進区域」の指定要件を満たす対象海域は環境省調査の約3割

2019年4月に再エネ海域利用法が施行され、同法内の基準に適合する一定の海域を「促進区域」として指定し、洋上風力の長期占有を行うことが可能となった。環境省による調査では、洋上風力の導入ポテンシャルは約1,120GWとされており、2050年までに温室効果ガスの排出量を全体としてゼロにするネットゼロ目標の達成に向けて、洋上風力の活用が期待されている。

しかし、環境省による導入ポテンシャルと、

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 88 %

この記事の著者

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.