温室効果ガス排出量の「算定・報告・公表」制度、見直しがスタート(前編)

  • 印刷
  • 共有

国際動向への対応や、2050年カーボンニュートラルに向けた事業者の自主的取り組みを促進することを目的に、「温室効果ガス 算定・報告・公表制度」の見直しが開始された。2022年夏頃をめどに取りまとめが行われる予定だ。本稿では同制度の概要や見直しの方向性などについて紹介する。

2050年カーボンニュートラルに向け見直しが開始

近年、グローバルに活動する企業の多くが自主的な温室効果ガス(GHG)排出削減目標を掲げている。適切な削減目標を掲げ、継続的に削減努力を行うためにはまず、自社のGHG排出量を把握することが不可欠となる。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報