「トランジション・ファイナンス」、電力分野のロードマップを解説(前編)

  • 印刷
  • 共有

2050年カーボンニュートラル実現には、「脱炭素」の水準にある再生可能エネルギーの拡大などに加え、CO2多排出産業が着実に脱炭素化に向かうための「移行(トランジション)」の取り組みへの資金供給が重要となる。経済産業省ではCO2多排出産業の脱炭素へ向けた具体的な「移行」の方向性を示すため、各分野のトランジション・ファイナンスに関するロードマップの策定を進めている。どのような取り組みが対象となるのか。電力分野を対象に同ロードマップの概要を紹介する。

ロードマップで「低炭素・脱炭素技術」や「実用化のタイミング」示す

2050年カーボンニュートラルの実現に向けては、あらゆる部門のすべてのアクターの取り組みが重要となる。しかしながら技術面およびコスト面の双方において、すべての産業が一足飛びに脱炭素化が可能なわけではなく、トランジション(移行)段階にある技術を導入することにより、段階的にCO2排出削減を進める必要がある。これには多額の資金供給(ファイナンス)が必要となる。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報