10カ月ぶりの「原子力小委員会」 国内外の原子力の動向

  • 印刷
  • 共有

資源エネルギー庁の「原子力小委員会」が2月24日、10カ月ぶりに再開された。これは2021年10月に第6次エネルギー基本計画(エネ基)が閣議決定されて以来、初の開催となるものである。

エネ基では原子力に関しては、「安全を最優先し、再生可能エネルギーの拡大を図る中で、可能な限り原発依存度を低減する」と記す一方、「国民からの信頼確保に努め、安全性の確保を大前提に、必要な規模を持続的に活用していく」としており、いわゆるアクセルとブレーキを同時に踏むような状態となっている。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報