脱炭素化によるエネルギーコストの上昇と産業界へのインパクト

  • 印刷
  • 共有

経済産業省の「クリーンエネルギー戦略検討合同会合」では、グリーントランスフォーメーション(GX)時代に成長が期待される分野について、産業分析がおこなわれている。

第5回会合では、カーボンニュートラル達成やその移行期におけるエネルギーコストの見通しや産業界への影響についてデロイトトーマツコンサルティング(以下、デロイト)等から分析結果が報告され、今後の向かうべき方向性について検討がおこなわれた。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報