森林・林業への投資を通じた吸収源対策の強化へ

  • 印刷
  • 共有

森林吸収量目標の達成を通じた2050年カーボンニュートラルに貢献するためには、間伐や再造林等の森林整備、建築物等における木材利用の拡大等を図ることが必要となる。林野庁は新たに検討会を設置し、森林・林業・木材産業分野に人や資金を呼び込む政策手法の検討を開始した。

2030年度、森林吸収により2.7%を確保へ

日本は世界有数の森林国であり、森林面積は国土面積の66%に相当する2,503万haに上る。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報