水素・アンモニア コスト低減、サプライチェーン構築は実現するか(前編)

  • 印刷
  • 共有

水素やアンモニアは燃焼段階ではCO2を排出しないため、電力や非電力(熱利用や運輸)など幅広い分野の脱炭素化に寄与するエネルギーであり、カーボンニュートラルの実現には不可欠であると考えられている。

第6次エネルギー基本計画では、初めて水素・アンモニアが電源構成に位置づけられ、2030年には1%程度(90億kWh)を賄うことが想定されている。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報