鉄道分野のカーボンニュートラル加速へ 再エネポテンシャルは?

  • 印刷
  • 共有

鉄道は従来からエネルギー効率が高く、電化も進んだ交通機関であるが、再エネ電力の活用や代替燃料の可能性を検討することにより、一層のCO2排出削減が求められている。このため国土交通省鉄道局は「鉄道分野のカーボンニュートラル加速化検討会」を設置し、「先進的な鉄道事業者の更なる取り組み」や「幅広い鉄道事業者への横展開」の加速化を検討することとした。

鉄道事業者のCO2排出量

鉄道は環境負荷の低い輸送手段であり、輸送量あたりのCO2排出量は、旅客では自家用乗用車の1/8、貨物では営業用貨物車の1/13である。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報