サントリーが「ボトルtoボトル」水平リサイクルで描く未来とは?(前編)

社会との約束として「水と生きる」を掲げるサントリーグループ。同社は自然環境と事業の成長を「トレードオフ」と捉えるのではなく、その価値を同時に高める「トレードオン」の関係を目指し環境経営を推進している。近年は使用済みペットボトルを新たなペットボトルに再生する「ボトルtoボトル」水平リサイクルに注力。同社のねらいについて、サントリーホールディングス サステナビリティ経営推進本部課長 渡辺 雄太氏に聞いた。

サントリーはなぜ「ボトルtoボトル」に取り組むのか

ペットボトルは利便性・環境面を含めて有用な容器である。軽くて丈夫という特性を持ち、低エネルギーでボトルの成形を行えるとともに、軽量で輸送の負荷も少ない。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報