官民両方の視点から考える EV普及の課題と施策

  • 印刷
  • 共有

世界ではガソリン車から電動車(EV)へのシフトが進み始めているが、日本ではその普及に向けた課題が未だ山積みだといえる。車載用バッテリーや充電器に関する技術的および事業モデルとしての課題や、その解決に向けて政府・自治体・企業が取るべき施策について電力中央研究所特任役員の池谷 知彦氏に聞いた。

「脱炭素」実現に向けたEV導入の進め方

――2050年カーボンニュートラルの実現に向けて、EV導入をどのように進めていくべきでしょうか。

日本におけるCO2排出量のうち運輸部門が占める割合は17.7%(2020年度)であり、ここをゼロにすればカーボンニュートラルの実現に大きく近づくことができます。

車両からの排出ゼロを達成するためにはただ単にEVを導入するだけでなく、電源のカーボンニュートラル化が不可欠です。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報