配送車EV化・SAF導入 物流大手DHLの脱炭素経営

  • 印刷
  • 共有

世界をリードする物流企業として、220以上の国・地域でサービスを展開するDHL。2050年までにネットゼロエミッションを目指す『ミッション2050』を掲げ、サステナビリティを経営の根幹に据える。温室効果ガス排出削減へ向け、2030年までに70億ユーロ(約1兆円)を投資するという、同社の大胆な取り組みについて聞く。

「ロジスティクスカンパニー」としての責任

日本で導入を開始したDHLの電動車両の数々
日本で導入を開始したDHLの電動車両の数々

DHLは1969年、世界初の国際ドア・ツー・ドア配送サービスを提供する会社として設立。国際エクスプレス航空輸送業界を開拓して世界中で急成長を遂げ、現在では総勢38万人を超える従業員を抱え、220以上の国・地域に拠点を置く、グローバルブランドとなっている。DHLジャパンは、日本初の国際エクスプレスサービスを開始し、2022年で50周年を迎える。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事