エコカー最前線!

ホンダ新型燃料電池車、2024年から北米生産へ

  • 印刷
  • 共有

ホンダは12月1日、新型燃料電池車を2024年からアメリカ・オハイオ州メアリズビルにある工場で生産すると発表した。

生産する車両は、SUVの「CR-V」をベースにしたもの。燃料電池の出力、搭載する二次電池の種類や電気容量、そして水素を満充填した場合の航続距離など技術的な要件については今回未発表だった。

その中で唯一明らかになったのは、家庭や街中でEVとして充電可能なプラグイン機構を備えている点だ。

ホンダの燃料電池システム
ホンダの燃料電池システム(出典:アメリカンホンダ)

注目されるのは、生産する施設だ。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報