北海道の事例から見る、風力発電稼働の現状と課題とは

  • 印刷
  • 共有

北海道で稼働している全風力発電(陸上)の全トラブル件数(219件)中、部品交換を伴うトラブルは154件、70.3%であり、平成30年度60.0%から増加している(令和元年度)。保守点検停止時間は241時間(10.1日)であった。風力発電所の稼働状況(令和元年度実績)は年間設備利用率27.9%で、平成30年度に比べて増加傾向を示している。

346基の風車の約7割が海外メーカー

陸上風力発電の開発が進む北海道では、毎年、経済産業省北海道産業保安監督部が「北海道における風力発電の現状と課題~稼働状況とトラブル状況~」を調査分析している。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報