三菱ガス化学の脱炭素戦略 「環境循環型メタノール構想」とは

  • 印刷
  • 共有

長期目標として2050年に「カーボンニュートラル」達成を目指す三菱ガス化学。そのカーボンニュートラルに向けたアプローチの一つとして、「環境循環型メタノール構想」を推進している。その構想とは? 基礎化学品事業部門 化成品事業部 営業グループ 営業部長の内藤昌彦氏に伺った。

自社技術で社会の脱炭素に貢献

化学メーカーとして、長年メタノールやアンモニアを製造・取り扱ってきた三菱ガス化学。また天然ガスの探鉱・開発事業にも取り組み、地熱発電事業へ応用してきた。

続きは有料会員になるか、この記事の購入後にお読みいただけます。

  • 実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 有料会員になると購入不要で全記事読める(登録月無料)
  • 有料会員は「補助金情報検索システム」、「環境ビジネス」電子ブックも利用可能
  • ポイントは記事の感想ボタンでも貯められます(※購入も可能)
無料会員
300pt
有料会員
0pt

※記事単位での購入は
ポイントが必要です

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報