ASEAN各国の環境・エネルギー事情

2022年ASEANの環境関連動向で気になったこと

  • 印刷
  • 共有
環境対策が重要であるとの認識はありながら、途上国全般では環境よりも経済が優先されがちだが、それでも2022年はASEANでも環境対策に関する新たな動きが結構出始めてきたように感じる。ざっと振り返ってみたい。

環境関連の先進的な技術の活用

画像はイメージです
画像はイメージです

一昨年位前まではタイや周辺国で環境関連のカンファレンスなどに参加していた際、CCUSや水素のような比較的新しい技術について、毎回テーマとしては話に出てくるが、実際にASEANでは何も事例がなく議論が具体化しない事がほとんどであった。

ただ2022年の後半位から各国地場大手や先進国の企業の組み合わせで、いろいろな取り組みを開始するニュースが増えてきた印象があるのでざっと取り上げてみたい。

続きは有料会員になるか、この記事の購入後にお読みいただけます。

  • 実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 有料会員になると購入不要で全記事読める(登録月無料)
  • 有料会員は「補助金情報検索システム」、「環境ビジネス」電子ブックも利用可能
  • ポイントは記事の感想ボタンでも貯められます(※購入も可能)
無料会員
300pt
有料会員
0pt

※記事単位での購入は
ポイントが必要です

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報