カーボンマネジメント 基礎講座~SCOPE1,2,3編~(全2回)

  • 印刷
  • 共有
※画像はイメージです

title20200918-2

実務に必要なSCOPE算定の全体像・ステップの基本を理解する。

 ESG投資の世界的広がり、ゼロカーボン化社会、気候変動対応の世界的な流れが加速していく中、経営戦略として環境要素や社会課題をビジネスにきちんと組み込み、リスクや事業機会を認識していることが求められてきています。

そこでまず必要となってくるのがカーボンマネジメントです。

その第1歩として企業が取り組むのは『SCOPE1、2、3の把握』です。

Scope排出量の算定と開示は、CDP、GRIといった企業評価や情報開示の世界では企業を評価する際の項目として組み込まれており、既にグローバルスタンダードになってきています。

20200918-zu1
scope-thum

国内の省エネ法、温暖化対策法の段階で対応しているはずのSCOPE1,2も世界基準のGHGプロトコルと照らし合わせると算定方法が異なるケースもあります。

サプライチェーンを対象とするSCOPE3はカテゴリが15項目あり、どれがどの項目に該当するのか、どこまでの範囲を行うのかを適切に判断し、実施しないと際限がなくなってしまいます。

本講座では、実務者の方に向けて、CO2排出量・SCOPE算定に必要な知識を学び、算定の考え方、計算方法等の理解促進をします。SCOPE算定の実務の全体像を掴み、何をどのように実践していくか判断力や実務を進める上でのイメージを掴むことを目的としています。

定員に達したため、申込を締め切りました。

このような方におすすめです

  • これからCO2排出量算定に携わる実務担当者。
  • 統合報告書やCSR報告書などに携わる実務担当者。
  • 今後カーボンマネジメントを対応したいと考えている企業のご責任者の方。
  • そもそもSCOPEが何かよくわからない。
  • 顧客に提案する前に、まずは自社の分を把握して、説得力を増したい。
  • 顧客・取引先から、CO2排出量(削減量)の報告を求められそうだ。
  • 海外本社の環境指針に日本法人も同様の対応を迫られている。

プログラム

第1回

◇カーボンマネジメントが社会に求められる背景
  • ・SDGs、ESG投資の流れ
  • ・世界の潮流(パリ協定、 We Mean Business 、 We are Still In
  • ・GHGプロトコル
  • ・カーボン・マネジメントの基本サイクル
  • ・サプライチェーン排出量の必要性
  • ・CDP、SBT、TCFD 等の概要
◇カーボンマネジメントにおける排出量把握
  • ・CO2 排出量の基本的な考え方と把握方法(省エネ法とGHGプロトコルとの違い)
  • ・省エネ法、温対法 と GHGプロトコルとの違い
  • ・SCOPE1,2,3 の範囲と基本的な考え方

◇算定のステップについて

  • (1)目的の明確化
  • (2)算定対象範囲の設定
  • (3)カテゴリの抽出
  • (4)カテゴリ内での特定
  • (5)活動量の収集算定
◇質疑応答

第2回

◇SCOPE3 15カテゴリごとの考え方

◇SCOPE3 15 カテゴリの解説

  • ・CO2排出量の基本的な考え方と把握方法(省エネ法とGHGプロトコルとの違い)
  • ・GHG プロトコルと基本ガイドライン
  • ・算定の基本、排出原単位の種類
  • ・SCOPE1,2について
  • ・SCOPE3 カテゴリ 1~15について
  • ・よくある質問・課題
  • ・質疑応答
  • 途中休憩あり。
  • 内容が一部変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • 本講座は全2回です。特定の回のみのご参加はできませんのであらかじめご了承ください。
  • 万が一接続が切れるなどのトラブルにより受講ができなくなった場合は、希望者には後日見逃し配信致します。

受講者の声

  • Scope3算出が求められる背景と、実務のポイントが体系的に理解できた。
  • Scope3全体を網羅しつつもポイントをおさえて説明頂いたので分かりやすかった。
  • 15のカテゴリの把握・算出について今後の進め方の参考になった。
  • 全く知識のない状況だったが、勉強しなければならない点が掴めた。

オンラインセミナー 注意点

【視聴について】

  • ・本講義はオンライン配信にて実施をいたします。
  • インターネット回線が安定した環境下で、PCでご受講できる環境をご用意ください。

【受講上のご案内】

  • ・講義はビデオ会議ツール(Zoom)での配信となります。
  • ・ご利用されるPCなどへ事前にZoomのインストールが必要です。
  • ・受講用URL、受講方法はセミナー事務局より3日前を目安にお送りさせていただきます。
  • ※ご案内メールがシステムの都合届かない場合がございます。2日前までに届いていない場合はセミナー事務局までお問い合わせください。

【受講上の注意点】

  • ・原則 LIVE配信となりますのでご注意ください。
  • ・領収書はマイページよりダウンロードすることができます。
  • ・本講義の講義資料および配信映像の録画、録音、撮影など複製ならびに二次利用は一切禁止です。
  • 上記が確認された際は、弊社のサービスの利用停止と、法的措置をとらせていただく可能性があります。

講師

株式会社ウェイストボックス 代表取締役
鈴木 修一郎 氏

鈴木 修一郎 氏

興和(株)等を経て、(株)リサイクルワン(現(株)レノバ)入社。主に資産除去債務等の環境デューデリジェンス業務に従事、その後2006年に株式会社ウェイストボックスを設立、現在に至る。
なお、株式会社ウェイストボックスは”環境と経済の両立、資源循環の推進”をコンセプトに、CO2排出量の調査を主力事業としている。



株式会社ウェイストボックス 環境ソリューション事業部 マネージャー
小川 晶子 氏(LCAエキスパート)

小川 晶子 氏

金融機関にて勤務後2010年に(株)ウェイストボックスに入社。国内のクレジット制度における削減事業計画書の作成及び申請サポート業務を数多く担当。現在はLCA手法を用いた排出量調査、サプライチェーン排出量などのCO2算定業務を主に担当している。



株式会社ウェイストボックス 環境ソリューション事業部 主任
山本 裕子 氏(LCAエキスパート)

山本 裕子 氏

重工業メーカーにてエネルギー・航空分野の営業・プロジェクト管理に従事。英Nottingham University Business School MSc Entrepreneurship Sustainability pathway修了後、(株)ウェイストボックスに入社。主に、サプライチェーン排出量(Scope1,2,3)算定支援、CDP質問書回答支援等を担当している。

定員に達したため、申込を締め切りました。

日時 03/18(木)
、3/25(木)、各10:30~12:30
場所 オンライン開催
主催 株式会社日本ビジネス出版 環境ビジネス編集企画部
共催
定員 80名
お問い合わせ先
株式会社 日本ビジネス出版
TEL: 03-5287-8600 (受付時間 9:00~18:00※)
Mail:seminar@kankyo-business.jp
※9:00~18:00(土・日曜日、祝日を除く)
価格 一般会員価格:22000円

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報