太陽光シンポ―FITから10年目、現状とこれから【オンライン開催】

  • 印刷
  • 共有
※画像はイメージです
title20210325-3

国内における太陽光発電は新しいフェーズに移りつつあります。

2012年7月に固定価格買い取り制度が始まり、間もなく10年目に突入しようとしています。その間、太陽光発電に関連する技術は目を見張る革新をし、プレイヤーは増え、発電設備に要する費用は低廉化し、発電単価は大幅に下がりました。

また、気候変動に対する関心は一層高まり、温暖化対策の必要性の認識から企業や自治体における太陽光発電の利用も広がってきました。太陽光発電ビジネスにおいて、発電事業者、施工会社、それらに関わる各業界はこれからどのように事業を開拓していくか。本シンポジウムでは「FITから10年目、現状とこれから」をテーマに各氏より政策動向や事業の在り方について講演を行ってもらい、事業構築の方向性を読者の皆様に掴んでいただきます。

このような方々はぜひご参加ください

  • 「太陽光発電ビジネスにおいて新たなフェーズに移行していきたい」
  • 「新たなビジネスチャンスを感じている」
  • 「培ってきた技術力を活かしていきたい」
  • 「自家消費がトレンドになりつつあるが、移行がまだできていない」
  • 「FITでこれまで収益を上げてきたが、、、」
  • 「太陽光発電の事業で会社をリードしていきたい」
  • 「2050年脱炭素社会に向けてこれからが本番だ」
  • 「SDGsやRE100、脱炭素が追い風になっている」
  • 「パネル、パワコン、蓄電池、架台、O&Mなど最適なシステム設計を考えたい」

コンテンツ(予定)

太陽光発電ビジネスシンポジウム―FITから10年目、現状とこれから

再エネ政策から見た太陽光発電事業の役割と主力電源としての展望

資源エネルギー庁 省エネルギー・新エネルギー部 新エネルギー課
再生可能エネルギー推進室 室長 杉浦 孝志氏

自家消費太陽光発電のポイント

日本PVプランナー協会 常務理事・事務局長 大槻 浩之 氏

システムの基幹を担うパワコン、蓄電池の選び方

Sungrow Japan 営業部部長 金山 大地氏

これからの太陽光発電事業の役割

日本再生可能エネルギー事業者協議会 理事 宇佐美 典也 氏

※ コンテンツは予告なく変更になる場合がございます。 あらかじめご了承ください。
※ 各講演の間にチャット機能を利用した質問・回答タイムを予定しております。

定員となりましたのでお申し込み受付を締め切りました。
多数お申し込みいただき、ありがとうございます。
次回はZEH・スマートハウスシンポジウムを4月15日に予定しております。
また、今後予定のイベント・セミナーについてはこちらよりご確認ください。
https://www.kankyo-business.jp/event/

日時 03/25(木)
10:00~12:00
場所 インターネットを通じたオンライン開催
オフィス、テレワークオフィス、ご自宅などどこからでも参加可能です。
お申し込みの方にオンライン参加の手順を別途ご案内致します。
画質、音質がクリアで、利用が簡単なシステムをご用意しております。
主催 環境ビジネス
共催 【特別協賛】Sungrow Japan
定員 200名
お問い合わせ先
株式会社 日本ビジネス出版
TEL: 03-5287-8600 (受付時間 9:00~18:00※)
Mail:seminar@kankyo-business.jp
※9:00~18:00(土・日曜日、祝日を除く)
価格 0円

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報