エネルギービジネス講座 DSF(デマンドサイドフレキシビリティ)編

  • 印刷
  • 共有
energy_business

欧米では既に重要な位置付けとなっている『DSF』とは?
海外のビジネスモデルから新事業への糸口を掴む!

エネルギーバリューチェーンは従来の大型発電所から一方向型で電力供給する供給モデルから大多数のプロシューマーおよびVPP/DRアグリゲータと双方向型で電力取引を行う供給モデルへ変革していくと想定されます。

そこで重要な位置づけとして期待されているのが、デマンド・サイド・フレキシビリティ(DSF)です。

デマンド・サイド・フレキシビリティ(DSF)とは、デマンドレスポンスやVPP、デマンドサイドマネジメント等を包含する言葉です。

エネルギー需要家の敷地内にある自家発、コージェネ、生産プロセス、蓄電池等を制御し、電力負荷パターンをコントロールすることで、電力システムへ価値提供することで金銭的な収益を得るビジネスモデルです。

既にエネルギー小売自由化およびカーボンニュートラル実現に向けた再エネ普及拡大が先行する欧州エネルギー市場にて活用されています。

q-------2

本講座では欧米における「デマンド・サイド・フレキシビリティ(DSF)」ビジネスの基本動向、市場背景および3つのビジネスモデルのタイプ別事例を解説します。

最近のエネルギー調達コストの高騰により事業収益性が低下する市場環境において、いかにDSFを活用し事業収益性を確保しリスクを低減すべきか、エネルギービジネスにおける新しい事業への糸口を掴むことを目的としています。

プログラム

デマンド・サイド・フレキシビリティ(DSF)定義と市場背景

  • DSFが必要となっている背景
  • DSFとERABとの違い
  • DSFによる5つの収益要素
  • 欧米におけるDSF活用の変遷
  • 欧州におけるDSF活用、アグリゲータ参入状況
  • 今後のDSFによる収益構造の変化

欧米におけるDSF活用ビジネスモデル

  • 3つのビジネスモデル と 事例
  • 標準DRアグリゲーター型、低価格電力供給型、顧客決定権付与型

DSFビジネスプラットフォーム

  • 4タイプのDSFプラットフォーム

日本市場への示唆

  • 国内におけるDSFによる収益構造の見通し
  • 日本におけるビジネスチャンス

まとめ

質疑応答

※ 途中休憩あり。
※ 内容が一部変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※ 本講座は質疑応答時 講師と受講者 双方でコミュニケーションがとれます。
※ 受講者は、アーカイブ配信(見逃し配信)を後日視聴いただけます。期限は30日間です。
※ 申込締切 2022年9月26日(月)

オンラインセミナー 注意点

【視聴について】

  • 本講義はオンライン配信にて実施をいたします。
  • インターネット回線が安定した環境、PCでご受講できる環境をご用意ください。
  • ヘッドセットやイヤホンでのご受講をおすすめいたします。

【受講上のご案内】

  • 講義はテレビ会議ツール(Zoom)での配信となります。
  • ご利用になるPC等にあらかじめZoomのインストールが必要です。
  • 受講用URL、受講方法はセミナー事務局より3日前を目安にお送りさせていただきます。
  • ご案内メールがシステムの都合届かない場合がございます。2日前までに届いていない場合はセミナー事務局までお問い合わせください。

【受講上の注意点】

  • 原則 LIVE配信となりますのでご注意ください。
  • 領収書はマイページよりダウンロードすることができます。
  • 本講義の講義資料および配信映像の録画、録音、撮影など複製ならびに二次利用は一切禁止です。
  • 上記が確認された際は、弊社のサービスの利用停止と、法的措置をとらせていただく可能性があります。

【アーカイブ配信について】

  • アーカイブ配信(見逃し配信)は、受講者のみへの配信となります。
  • 開催後、3営業日後を目途に事務局よりメールにて視聴URLをお送りいたします。

講師

アビームコンサルティング株式会社
産業インフラビジネスユニット エネルギー担当 ダイレクター
山本 英夫 氏

山本 英夫 氏大手都市ガス会社におけるエネルギーソリューション営業部門を経て、2001年よりアビームコンサルティングに入社。 エネルギー供給企業とエネルギー需要家とが関係する領域を専門領域として、エネルギー事業会社に対して新規イノベーションビジネスモデル策定支援、新規事業計画策定支援、営業戦略策定等の支援を多数実施するとともに、エネルギー需要家に対しても、エネルギーマネジメント改善コンサルティングに関するプロジェクト等を多数実施。
著書:「欧米先進事例に学ぶデジタル時代の電力イノベーション戦略」(共著 毎日新聞出版)

日時 09/29(木)
15:00~17:00 (接続開始:14:30~)
場所 オンライン開催
主催 株式会社日本ビジネス出版 環境ビジネス編集企画部
定員 100名
お問い合わせ先 株式会社 日本ビジネス出版
seminar@kankyo-business.jp
価格

一般会員価格:22000円(有料会員価格:19800円)

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報