> > 環境省、復興支援・住宅エコポイント事業で予約制度導入

環境省、復興支援・住宅エコポイント事業で予約制度導入

記事を保存

復興支援・住宅エコポイント事業について、確実なポイントの発行のため、2012年5月1日以降の復興支援・住宅エコポイントの発行申請に際し、予約制度を導入すると発表した。

対象となる住宅は、2012年5月1日以降に工事が完了し、復興支援・住宅エコポイントの発行申請を行う全住宅(新築・リフォーム)。ただし、同年4月30日までに工事が完了したものについては、5月31日までの1ヵ月間は現行通り、工事完了後の申請ができるが、6月1日以降に申請を行う場合は先に予約の手続きが必要となる。

予約制度導入後の手続きの流れは、1.建築確認(新築の場合)、工事契約締結(リフォームの場合)後、ポイント発行申請前までに郵送で予約申込み、2.事務局からの予約通知(ハガキ)の到着を以て予約完了、3.予約通知(ハガキ)を添付してポイント発行申請となる。

予約申込に必要な書類等は、エコ住宅の新築は1.予約申込書(新築用)、2.住宅の省エネ基準等を確認する書類(エコポイント対象住宅証明書の写し、設計住宅性能評価書の写し、長期優良住宅等計画認定通知書の写し 等)。エコリフォームの場合は、1.予約申込書(リフォーム用)、2.契約書の写しまたは工事計画書。予約申込は郵送のみの受付となる。予約申込書等の書式は復興支援・住宅エコポイントHPに後日掲載予定。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.