> > 環境省、放射性物質による局所的汚染箇所への対処ガイドラインを公表

環境省、放射性物質による局所的汚染箇所への対処ガイドラインを公表

記事を保存

環境省は、東日本大震災の発生に伴う福島第一原子力発電所の事故により、局所的に放射性物質によって汚染された箇所への対策を、「放射性物質による局所的汚染箇所への対処ガイドライン」として取りまとめ、公表した。

本ガイドラインでは、局所的に汚染された箇所(局所的汚染箇所)、特に放射性物資を含む雨水排水によって土壌等が汚染された箇所の効率的な発見方法や、発見後の詳細な調査方法等の具体的な方法のほか、その取り組みを実施する際の留意点等を整理し、とりまとめている。地方公共団体等などに活用してもらい、放射能性物質による環境汚染の低減に向けて、いまだ確認されていない局所的汚染箇所を早急に発見し、適切かつ速やかな対処を推進するのが目的だ。

被災により同発電所から放出された放射性物質に対しては、「平成二十三年三月十一日に発生した東北地方太平洋沖地震に伴う原子力発電所の事故により放出された放射性物質による環境の汚染への対処に関する特別措置法」に基づいて対策が講じられている。しかし、特措法の対象地域以外の地域においても、局所的汚染箇所が複数報告されており、また、このような箇所がいまだ発見されていない可能性もあると考えられている。その対応が喫緊の課題となっている。

参考:放射性物質による局所的汚染箇所への対処ガイドライン(PDF)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.