> > 清水建設、ブラウン管をリサイクル、放射線を遮断するコンクリートを開発

清水建設、ブラウン管をリサイクル、放射線を遮断するコンクリートを開発

 印刷 記事を保存

清水建設は、国内で大量発生が予想される廃ブラウン管のリサイクルを目的に、鉛が含有される廃ブラウン管ガラスを骨材とする放射線遮蔽コンクリートを開発したことを発表した。同製品の放射線の遮蔽性能は、厚さ50cmの場合、同厚の普通コンクリートの2倍、放射線の透過率は1%以下になる。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.