> > GSユアサ、アクア、プリウスPHVにHV補機用鉛蓄電池を供給

GSユアサ、アクア、プリウスPHVにHV補機用鉛蓄電池を供給

記事を保存

GSユアサは、同社のハイブリッドカー(HV)補機用鉛蓄電池が、トヨタの新型ハイブリッドカー「アクア」と新型プラグインハイブリッドカー(PHV)「プリウスPHV」に採用されたことを発表した。同社はこれにより、鉛蓄電池のさらなる普及と販売数量の大幅な拡大を図りたい考えだ。

車メーカー各社が、車両の燃費向上に取り組むなか、HV、PHVは有効なCO2削減手段として認知され、広く普及し始めている。HVとPHVには、駆動用としてニッケル水素電池やリチウムイオン電池が搭載されているが、あわせて補機用として鉛蓄電池も搭載されている。

鉛蓄電池は、パワースイッチをONにした時のハイブリッドシステム、及び一般電装品への電源供給や、パワースイッチをOFFにした時、あるいはアクセサリーモードにした時の一般電装品への電源供給という大切な役割を担っている。

GSユアサは、トヨタがHVの量産、販売を開始した1997年当初から補機用鉛蓄電池を供給。「プリウス」をはじめ「プリウスα」、レクサス「CT200h」にも採用されており、累計で270万個以上の補機用鉛蓄電池を出荷してきた実績がある。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.