> > NTTデータなど、国内初、高電圧直流給電方式を利用した商用システムを構築

NTTデータなど、国内初、高電圧直流給電方式を利用した商用システムを構築

記事を保存

NTTデータおよびNTTデータ先端技術は、高電圧直流(HVDC)を利用した日本で初めての商用システム基盤を構築し、日本無線の社内システム(JRC)として、3月5日から稼動を開始したと発表した。HVDC給電は従来の交流(AC)給電と比べると10%~20%の電力効率化が可能で、本システムによりランニングコストの大幅な削減が見込まれている。

今回のシステムは、ITコスト削減を目的に、JRCの社内システムをプライベートクラウド環境として構築するとともに、AC給電ではなくHVDCを給電方式として採用したもの。プライベートクラウド環境構築にあたっては、NTTデータが提供する企業向け「BizXaaS®構築・運用サービス」を利用し、従来60台あったサーバを7台のサーバに統合。また、給電システムについては、JRCのHVDC給電システムおよび、NTTデータ、NTTデータ先端技術のHVDC対応製品を採用し、電源の集中化による電力効率化を実現した。

AC給電では交流から直流の交換を繰り返し行うのに対して、HVDC給電は交流から直流への変換が一度ですむため、ロスが少ない。サーバ統合・集約化によるエネルギーの効率利用が進む中、HVDC給電は、AC給電よりもエネルギー効率が高く、システム全体の省電力化を図ることができるシステムとして期待されている。しかし、これまで、技術的な課題、作業上の安全性の確保、対応機器の少なさが、HVDC給電を利用したシステムの普及の妨げになっていた。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.