> > 日揮、農業分野に参入、植物工場を東北の震災復興に活用

日揮、農業分野に参入、植物工場を東北の震災復興に活用

記事を保存

日揮は、植物工場ベンチャーのグランパ(神奈川県横浜市)に出資し、アグリビジネス分野に初参入すると発表した。日揮の出資金額は約1億円。日揮は、グランパが独自に開発した植物工場システム「エアドーム型ハウス」を改良し、東北地方の農業分野での震災復興に活用するほか、将来的には必要な技術をパッケージ化し海外への展開を目指す計画だ。

グランパは、植物工場システム分野において高い技術力を保有し、神奈川県藤沢市ならびに秦野市で、エアドーム型ハウス(植物工場システム)の開発・販売ならびに農産物の生産・販売を手掛ける。日揮は、同社の株式18%を第三者割当増資により、2月23日付で取得した。日揮は、同社へ取締役(非常勤)1名を派遣する予定。

グランパのエアドーム型ハウスは、エアドームを使った円形水槽の水耕栽培施設。円形水槽の内側に苗を植えると農作物の成長に合わせて回転・スライドし、外側に送り出される“自動スペーシング技術”の導入により、従来型のガラスハウスによる栽培と比較して単位面積当たり2倍以上の生産を実現とした。また、一般的に行われている露地栽培と比較して農薬や化学肥料の使用量の大幅な削減ができるため、消費者にとって最も関心の高い、安全性の高い農作物の提供を可能とした。生産した農作物は洗浄せずにそのまま食することができる。

日揮は、今後、同社とともにエアドーム型ハウスをさらに改良し、植物工場による「農業の工業化」の実現、普及・拡大を図る。海外での展開は、中東、アフリカなどの乾燥地域やロシアなどの寒冷地などにおける農産物の生産や、さらには中国の都市部での安心・安全な農産物の提供などを視野に入れる。

近年、新興国を中心とした人口増加に伴う、世界的な食糧不足への懸念、日本国内においては天候不順による不作の問題などを受け、安全かつ安定的な農産物生産のニーズが高まってきている。また、近い将来、先進国を中心に都市部における人口の過密化や高齢化により、農地の確保や農業従事者の減少といった課題への対応が迫られることが予想されている。IT技術やロボットなどの先端技術を活用した植物工場システムの導入は、こうした課題への解決策となるとして注目されている。

日揮は、2011年度からスタートした中期経営計画の施策の一つとして投資事業の拡大を掲げ、水や電力などのインフラ分野、資源開発分野、再生可能エネルギー・環境分野のほか、農業分野などの新規分野への投資・参画も積極的に進める計画にあり、その一環として今回の出資に至った。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.