三井住友銀行、メキシコ石油公社と提携、現地でCO2排出削減事業

  • 印刷
  • 共有

三井住友銀行は、3月6日、メキシコの主要産業であり、かつCO2の排出源である石油産業を担うメキシコ石油公社PetroleosMexicanos(Pemex)と、同社の施設内におけるCO2排出量削減の取り組みに関する覚書を締結したと発表した。

日本政府は、相手国で実施された日本の環境技術や製品を活用した温暖化ガス排出削減事業を日本の貢献分として評価する「二国間オフセット・クレジット制度」の構築を目指している。同行は本覚書において、Pemexと「二国間オフセット・クレジット制度」の将来的な成立を見据えて、同社施設における温暖化ガス排出削減策を検討する。また同行は同時にPemexの同取り組みに対する金融面での支援を検討する。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報