> > 丸紅・東大など、経産省委託事業で福島沖浮体式洋上風力発電の実験に着手

丸紅・東大など、経産省委託事業で福島沖浮体式洋上風力発電の実験に着手

記事を保存

丸紅、三菱商事など民間10社と東京大学からなるコンソーシアムは、経済産業省から福島県沖で実施する浮体式洋上ウィンドファーム実証研究事業を受託したと発表した。本事業では、世界初となる大規模な浮体式洋上ウィンドファームを設置する。本事業により浮体式洋上風力発電のビジネスモデルを確立し、日本の主要な輸出産業の一つとして育成をめざす考えだ。第1期実証研究事業に2011年度中に着手する。

浮体式洋上風力発電は、遠浅な海底地形に固定する着底式と異なり、洋上に浮かんだ浮体式構造物を利用する風力発電。本実証研究事業は、福島県沖の海域に、浮体式風力発電機3基と洋上サブステーション1基を建設して実施する。第1期実証研究事業では、2MWのダウンウィンド型浮体式洋上風力発電機1基と、世界初となる66kV浮体式洋上サブステーションおよび、海底ケーブルを設置する。2013年度から2015年度にかけて行う第2期実証研究事業では、7MW級浮体式洋上風力発電設備2基を追加設置する。

東日本大震災の被災地では、再生可能エネルギーを中心とした新たな産業の集積・雇用の創出による復興を目指しており、本事業もその一環で実施されるもので、福島県を風車産業の一大集積地とすることを目的としている。また、本事業は、“漁業と浮体式洋上ウィンドファーム事業の共存”を大きな一つのテーマとしており、周辺海域の漁業関係者との対話・協議を通じ、将来の事業化を模索していく。

本事業では、丸紅がプロジェクトインテグレータとして、事業調査、許認可、環境、漁業、O&M等を、東京大学がテクニカルアドバイザーとして、浮体動揺の観測、予測技術の開発を担当する。その他のコンソーシアムメンバー(役割)は以下の通り。三菱商事(事業調査、許認可、環境、漁業、O&M等)、三菱重工業(浮体式洋上風力発電施設)、アイ・エイチ・アイ マリンユナイテッド(浮体式洋上風力発電施設、サブステーション用浮体)、三井造船(浮体式洋上風力発電施設)、新日本製鐵(鋼材)、日立製作所(浮体式洋上変電所)、古河電気工業(海底ケーブル)、清水建設(施工技術)、みずほ情報総研(マニュアルの作成、委員会運営)。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.