> > 伊藤忠、米国ベンチャー企業と第2世代バイオエタノール分野の事業化を目指す

伊藤忠、米国ベンチャー企業と第2世代バイオエタノール分野の事業化を目指す

記事を保存

伊藤忠商事は、第2世代バイオエタノール製造技術を持つ米国ベンチャー企業ZeaChem社の株式を取得したことを発表した。両社は今後、第2世代バイオエタノール事業分野、将来的にはバイオマスから生産する化学品事業分野に、地域ごとのパートナーを得ながら世界各地への展開を検討し、2014年中の事業化を目指す。

これまでエタノールの製造は、トウモロコシやサトウキビなどを主な原料としてきたが、食料と競合しその生産量に限界が見えている。そこで、大量調達が可能で非食用のバイオマスを原料とした「第2世代バイオエタノール」や「セルロース系エタノール」といった新しいエタノールが注目を集めている。

これらは、主に農地に不適な土地で育った木材や稲ワラ・麦ワラなどの農業残渣を使ったもので、再生可能なので環境にやさしいうえ、従来の原料より安価で、世界中で調達できるのが特長。しかし、従来のエタノール生産と比べると、エタノール変換効率が極めて低く、安価に生産できないことが課題となっていた。

そこでZeaChem社は、従来のエタノール発酵で最大のロスだった炭酸ガスの発生をなくし、これまで使い切れなかったバイオマスの残渣もうまく活用することで、エタノールへの変換効率を大幅に上げることに成功した。

原料としては、保管倉庫を必要とせず一年中使える木材が最も便利で、樹木種をユーカリ、ポプラ、アカシアなど変えることで、寒暖にかかわりなく生産地を選ぶことが可能。また、木材生産地のそばでエタノールを生産すると原料運搬コストも低く抑えることができる。さらに、ZeaChem社のプロセスは使用するバイオマスの種類を選ばないので、収穫の季節に大量に出る農業残渣も利用でき世界中への展開が可能。

ZeaChem社のプロセスを利用するとプロピレンなどの化学品も作ることもでき、化石原料に頼った化学品生産の構造を変え、環境改善に大きく貢献できる可能性があることから、世界的な注目を集めている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.