> > ソーラーフロンティア、神奈川県の蓄電プロジェクト実証試験に参画

ソーラーフロンティア、神奈川県の蓄電プロジェクト実証試験に参画

記事を保存

ソーラーフロンティアは、神奈川県が推進する「かながわスマートエネルギー構想」の取り組みのひとつである「蓄電プロジェクト」の実証試験事業に参画すると発表した。同社は、独自のCIS薄膜太陽電池を約6kW提供するとともに、神奈川県内の企業と協力して追跡調査にも加わる予定。

「かながわスマートエネルギー構想」は、「創エネ」「省エネ」「蓄エネ」を組み合わせて、地域における効率的なエネルギー需給を目指す神奈川県の事業。「蓄電プロジェクト」では、太陽光発電システムと車載リチウムイオン電池の再利用を普及させることで、電力を蓄えて効率的に使うピークシフトの促進を目指している。今回の実証試験では、神奈川県が所有する2つの施設に、3kWずつ、合計6kW分のCIS薄膜太陽電池とリチウムイオン蓄電池を設置する。同社は、神奈川県内の厚木リサーチセンターで太陽電池技術の研究開発に取り組んでおり、県や地元企業と協力して実証試験に参加する。

ソーラーフロンティア昭和シェル石油の100%子会社の太陽電池メーカー。銅、インジウム、セレンを使用した独自のCIS薄膜太陽電池を生産・販売している。CIS薄膜太陽電池は、建物による陰などの影響を受けにくく、高温下でも高い発電性能を発揮すること等から、実際の発電環境下において優れた実発電量(kWh)を得ることができる。また、生産時に使用したエネルギーを回収するまでに必要な期間を示すエネルギー・ペイバック・タイム(EPT)が短く、環境に優しいことも特長としている。

「かながわスマートエネルギー構想」では、2020年度に県内の電力消費量に対する「創エネ」と「省エネ」の割合を、「蓄エネ」と組み合わせることにより20%以上の水準まで高めることを目標としている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.