> > コニカミノルタ、レアアース・酸化セリウムのリサイクル技術を開発

コニカミノルタ、レアアース・酸化セリウムのリサイクル技術を開発

記事を保存

コニカミノルタホールディングスは、ガラス研磨材として使用される酸化セリウムのリサイクル技術の開発に成功したことを発表した。

同技術は、同社が長年フィルム開発で培ってきた材料技術を活用し、使用済み研磨材スラリー(液体と固体粒子との懸濁液)に薬剤を加え、ガラス成分を分離、除去した上で濃縮することで、酸化セリウムの研磨材としての再利用を実現するもの。リサイクルには大型設備を必要としないため、短時間、低コストでリサイクル設備の設置導入をして、再利用を進めることができるのが特長。

同社は、HDD(ハードディスク駆動装置)用ガラス基板の生産に酸化セリウム研磨材を利用してきた。しかし、酸化セリウムは特定産出国への依存度が高いことから、供給制限とそれに伴う価格上昇が問題となっている。また、環境への配慮、製品の安定供給のため、研磨材の確保とコスト低減も課題になっている。

そこで、昨年より新エネルギー・産業技術総合開発機構の希少金属代替・削減技術実用化開発助成事業の採択テーマとして研究開発を開始。今回の技術により酸化セリウム研磨材を元の品質とほぼ同等まで再生できることを確認しており、開発した成果の実用化に向け、自社HDD用ガラス基板の量産ラインで実用性の検証実験も開始している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.