> > JOGMECなど、ベトナム洋上油田でCO2圧入による石油増産技術を確立

JOGMECなど、ベトナム洋上油田でCO2圧入による石油増産技術を確立

記事を保存

石油天然ガス・金属鉱物加工資源機構(JOGMEC)とJX日鉱日石開発の子会社JVPCは、ベトナム洋上ランドン油田において、CO2圧入による石油増産技術「CO2-EOR」のパイロットテストに成功したと発表した。

CO2-EORは、原油回収率向上技術(EOR:EnhancedOilRecovery)の一つでCO2を油層に圧入し油の増進回収を図るもので、一度に大量のCO2を固定化できるため、CO2削減技術としても期待されている。

両社はベトナム国営石油会社とともに、2011年5月~6月にかけて、ベトナム沖ランドン油田を対象として洋上でのCO2-EORのパイロットテストを実施した。パイロットテストでは、一坑井にCO2を圧入し、同じ坑井から原油を生産する小規模テストを採用。洋上テスト以降、詳細なデータ分析およびテスト結果の解析を行い、坑井での十分な油田の増産効果を確認した。本方式の洋上でのパイロットテストは世界初。またベトナムのみならず、東南アジア地域で初の洋上でのCO2-EOR適用事例となる。本成果は、2012年2月15日のハノイでの現地報告会でベトナム側に報告し、高い評価を得た。

JOGMECは、1970年代よりEORに係わる技術開発を続け、特にアブダビ、メキシコ、トルコ、ベトナムにおいてはCO2-EORに重点を置いてきた。ベトナム・ランドン油田におけるCO2-EORは、2007年以来、ベトナム国営石油会社、JX日鉱日石開発およびJOGMECが、室内実験、油層シミュレーションを駆使し、また圧入するCO2源の調査を含めた事業化研究を進めてきた。その結果、油田の生産量を相当量増加させると同時に、CO2も削減可能であることがわかったため、今回のパイロットテストの実施に至った。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.