> > 住友電設、メガソーラーの高効率な稼働と保守管理を実現する監視システムを開発

住友電設、メガソーラーの高効率な稼働と保守管理を実現する監視システムを開発

 印刷 記事を保存

住友電設は、パワーコンディショナー(PCS)や連系設備をはじめ、ストリングまで監視可能な「メガソーラー監視システム」を開発した。同システムは、従来と比べてより詳細な監視と、ネットワークと連携したユビキタスでの利用を実現したのが特長。同社は、メガソーラーの高効率な稼動と保守運用管理をサポートし、運用管理者の負担軽減に貢献したい考えだ。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.