> > 住友電設、メガソーラーの高効率な稼働と保守管理を実現する監視システムを開発

住友電設、メガソーラーの高効率な稼働と保守管理を実現する監視システムを開発

記事を保存

住友電設は、パワーコンディショナー(PCS)や連系設備をはじめ、ストリングまで監視可能な「メガソーラー監視システム」を開発した。同システムは、従来と比べてより詳細な監視と、ネットワークと連携したユビキタスでの利用を実現したのが特長。同社は、メガソーラーの高効率な稼動と保守運用管理をサポートし、運用管理者の負担軽減に貢献したい考えだ。

従来の太陽光発電設備監視システムはPCSの管理がメインだったが、PCSからの情報だけではソーラーパネルの故障を検出することは難しく、見えない発電ロスが潜んでいる可能性があった。

そこで同社は、出力電圧を上げるために、一定の枚数の太陽電池モジュールを直列で接続した「ストリング」単位で発電量を監視できるシステムを開発。これにより、機器の異常やストリングの発電効率の低下を早期に発見し、グラフィカルに表示することで、広大な敷地の異常発生箇所を容易に特定することができるようになり、発電ロスの早期発見、早期復旧が可能となった。

また、監視機能に加えて、従来から独自開発しているエネルギー管理システム機能やファシリティ管理機能を併用することで、過去データの比較や解析を行うことができ、長期にわたるライフサイクルコストを考えた運用管理にも有効。

さらに、インターネット環境を活用し、スマートフォンによる監視をはじめ、複数箇所のメガソーラーの監視も実現。それぞれの管理者の管理レベルにあわせたアクセス制限にも対応している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.