> > パナソニック、米フォード社にHEV、PHV向けリチウムイオン電池を供給

パナソニック、米フォード社にHEV、PHV向けリチウムイオン電池を供給

記事を保存

パナソニックグループエナジー社は、米国のフォード・モーター・カンパニーのハイブリッド自動車(HEV)、及びプラグインハイブリッド自動車(PHV)向けにリチウムイオン電池を供給する。搭載車種は、HEVでは「FusionHybridElectric」「C-MaxHybridElectric」、PHVでは「FusionEnergi」「C-MaxEnergi」の計4車種。今回は、輸送時の効率と信頼性向上のため、複数の電池を集合体にした電池スタック形状で供給される。

パナソニックグループでは、今後急速に拡大することが予測される環境対応車用二次電池の開発と事業強化を進めており、すでにグローバルで複数の自動車メーカーにHEV用ニッケル水素電池・システム、及びHEV、PHV用リチウムイオン電池・システム、EV用リチウムイオン電池を供給している。

フォード社には、2004年に「EscapeHybrid」向けにHEV用ニッケル水素電池システムの納入を開始。その後「FusionHybrid」、「LincolnMKZHybrid」にもニッケル水素電池を供給している。

今回、HEV用に加えてPHV用として新たにリチウムイオン電池を納入することになり、フォード社とのパートナーシップをさらに強め、グローバルでの環境対応車用電池事業の拡大に取り組んでいきたい考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.