> > ユニクロ、全商品リサイクルを3月より香港、台湾、上海市内でも開始

ユニクロ、全商品リサイクルを3月より香港、台湾、上海市内でも開始

記事を保存

ユニクロは、CSR(企業の社会的責任)活動の一環として行っている全商品のリサイクル活動について、3月1日より香港、台湾、上海市内のユニクロ店舗でも開始すると発表した。回収した衣料はリユース衣料として、連携している団体を通じて難民や避難民等へ届ける。同社では、本活動を日本、韓国、米国など6カ国で実施しており、出店している世界の全ての地域での回収を目指す計画だ。

同社ではユニクロの商品を対象としたリサイクル活動を、日本国内において2001年9月にフリースから着手し、2006年に全商品へ拡大している。また、本活動を日本国外にも広げ、2011年3月から韓国で、同年9月からはフランス、イギリス、アメリカで、同年12月からはシンガポールでも開始した。香港、台湾、上海市内での実施は、これらの5カ国につぐもの。

2006年以降の回収点数は1200万枚を越えた(2011年12月末時点)。同社では2006年当初は、工業用繊維などの「材料」としてのリサイクルを考えていたが、顧客から預かった衣料のほとんどがまだ着られる状態であったこと、「服」は「服」のまま役立てるために、リユースとして世界中の難民・避難民へお届けする活動を開始した。これまで5年間にわたり、グローバルパートナーシップを結んだUNHCRやジョイセフ、JRCCとともに、世界22ヵ国の難民や避難民、災害被災者、妊産婦や母子への支援などとして、約420万着の服を届けている。香港ではUNHCRを通じて難民や避難民へ、また、台湾、上海では現地のパートナー団体(台湾:ワールドビジョン、上海:上海慈善物資管理中心)を通じて衣料を必要とする人たちに届ける。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.