> > 清水建設、省・創・蓄エネ、BEMSで国内初のゼロ・エネルギー・ビルを建設

清水建設、省・創・蓄エネ、BEMSで国内初のゼロ・エネルギー・ビルを建設

記事を保存

清水建設は、山梨県北杜市において、国内初のゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)となる「森の中のオフィス」(発注者:生長の家)の建設に着手すると発表した。同社は、省エネ・創エネ・畜エネ技術、および分散型電源や設備機器を最適制御するシミズ・スマートBEMS(ビル・エネルギー管理システム)を導入し、ZEBにチャレンジする。

「森の中のオフィス」は、地上2階、延床面積約8431.43m2の木造(一部鉄骨造)のオフィス。ZEBの概要は、冷暖房と照明の負荷を低減する省エネ技術により通常の同規模のオフィスに比べ45%省エネを図ったうえで、使用する電力を太陽光発電とバイオマス発電、蓄電池等により100%賄うというもの。工期は2012年3月~2013年3月を予定している。

省エネ技術については、自然通風や太陽熱集熱システム、LOW-Eペアガラスと木製サッシュ、庇(ひさし)の効果等を採用して冷暖房負荷を低減。また、窓とトップライトの効果的な配置、LED照明及びタスク・アンド・アンビエントシステムを採用して照明負荷を低減する。

創エネ技術としては、屋根全体を覆う太陽光発電パネル、間伐材等の木質チップを燃料にするバイオマス発電、製材副産物を熱源にする木質ペレットボイラーを採用。さらに、大容量蓄電池を採用し、これらをマイクログリッド制御することで、電力自給体制を構築し災害時でも業務継続を可能とする。

また、建物は、山梨県産のFSC認証木材(カラマツ、杉)を活用した木構造、木質空間とし、FSC(森林管理協議会)のプロジェクト認証取得をめざす。

発注者の生長の家は、宗教法人として初めてISO14001を取得し、同法人が排出するCO2を可能な限り削減してオフセットする“炭素ゼロ”運動を推進している。その一環で、今回の工事の発注に当たっては、ZEB・木造建築・施工時の環境負荷低減などを条件にした設計・施工について企画を提案してもらうプロポーザルを実施。本提案を行った同社案が採用された。

同社は、現在、日本国内では電力不足が深刻化していることから、同社では、ゼロ・エネルギー・ビルやゼロ・カーボン・ビルの提案に注力し、案件受注につなげていく考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.