> > CIS薄膜太陽電池の日本最大級メガソーラーで起動式

CIS薄膜太陽電池の日本最大級メガソーラーで起動式

記事を保存

ソーラーフロンティアは、山梨県と東京電力が共同運営する日本最大規模の太陽光発電所「米倉山太陽光発電所」の起動式を1月27日に開催するとともに営業運転を開始したことを発表した。ソーラーフロンティアは同発電所に対し、明電舎を通じてCIS薄膜太陽電池10メガワット分を供給している。あわせて、昨年ソーラーフロンティアがCIS薄膜太陽電池を寄贈した発電所敷地内にあるPR施設「ゆめソーラー館やまなし」も開館した。

ソーラーフロンティアのCIS薄膜太陽電池は、他の薄膜系太陽電池に比べて高い変換効率を実現すると同時に、実際の使用条件下においても優れた実発電量が期待できる注目の太陽電池。ソーラーフロンティアは、これまで新潟県の「新潟雪国型メガソーラー」や、宮崎県の自社太陽電池工場敷地内における大規模太陽光発電所などで、優れた発電性能を実証しており、国内外を含めて大規模太陽光発電所での使用実績を積んでいる。

米倉山太陽光発電所は、温室効果ガスの削減などを盛り込んだ「山梨県地球温暖化対策実行計画」の一環として行われ、造成地を有効利用して作られている。同発電所は、一般家庭約3400世帯分の年間電力消費量に相当する約1200万キロワット時の発電が見込まれており、これによる二酸化炭素排出量削減効果は、一般家庭約1000世帯の年間排出量に相当する約5100トンにのぼる。東京電力のホームページでは、同発電所の発電状況を5分ごとに更新し公開している。

ソーラーフロンティアは、昨年より世界最大級の国富工場において全ての生産ラインで商業生産を開始し、年産能力約1ギガワットの生産体制を確立。世界最大級の生産体制を背景に、今年7月に施行される再生可能エネルギーの全量買い取り制度による需要拡大が見込まれる国内のみならず、世界に向けてCIS薄膜太陽電池をPRしていきたい考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.