ワコール流通、事業用で滋賀県最大規模の太陽光発電システムを導入

  • 印刷
  • 共有

ワコール流通は、西日本流通センター(滋賀県守山市)建屋屋上に太陽光発電システムを導入し、稼動を開始したと発表した。太陽光発電システムは、京セラ社製多結晶型で発電容量は499.95kw。事業用としては滋賀県最大規模となる。

同システムは、CO2排出削減や再生可能エネルギー導入の機運の高まりを受け、企業の環境活動の推進と電力使用量削減に対応すること、また、地域での災害時の避難場所としての提供を目的に導入した。屋上に設置することで、事業所5階の断熱、空調効率アップも期待されている。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報