> > ダイハツ、滋賀県・大分県に軽商用EVを走行試験用の車両として提供

ダイハツ、滋賀県・大分県に軽商用EVを走行試験用の車両として提供

記事を保存

ダイハツは、同社が試作した軽商用電気自動車(EV)を走行試験用の車両として滋賀県と大分県へ提供することを発表した。今回提供されるのは、同社の軽ガソリンエンジン車「ハイゼットカーゴ」をベースに、モーター、バッテリー等の駆動ユニットを搭載した試験車で、両県の協力を得て、2012年4月から公用車として公道での走行試験を開始する。

同社は、この試験を通じてさまざまな走行データを収集し、分析結果を今後のEV車両開発にフィードバックしていきたい考えだ。

ダイハツは、新型軽自動車「ミラe:S」など低燃費、低価格かつ省資源のガソリン車を開発、販売して話題を集めている。あわせてEVの今後の市場動向等を踏まえ、小口宅配ニーズなどの用途に合わせた商用EVの開発を進めており、今回はその一環となる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.