> > トヨタ、HV用使用済ニッケル水素電池を再利用する定置型蓄電システムを開発

トヨタ、HV用使用済ニッケル水素電池を再利用する定置型蓄電システムを開発

 印刷 記事を保存

トヨタは、電池原料のより効率的な活用を目指し、ハイブリッド車(HV)の使用済ニッケル水素電池を再利用する、定置型蓄電システムを開発、実証実験を開始した。しかし、回収した電池を組合せることで、自動車用途に比べ重量や体積に制約の少ない定置型蓄電システム用として利用できる物が多く、このような状況を踏まえて、今回の定置型蓄電システムへの再利用に至った。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.