> > 豊田通商、日本臓器製薬と鳥取県・島根県での下水汚泥資源化事業に参画

豊田通商、日本臓器製薬と鳥取県・島根県での下水汚泥資源化事業に参画

 印刷 記事を保存

豊田通商と日本臓器製薬は、山陰地区最大の産業廃棄物処理会社である三光の子会社ウェストバイオマスの第三者割当増資を引き受け、下水汚泥の資源化事業に参画することを発表した。同事業は、民間企業が汚泥炭化処理設備を建設し、鳥取県・島根県を中心に複数の自治体から収集した下水汚泥等を乾燥・炭化させ、製鋼保温材やバイオマス燃料等としてリサイクルする民間主導型の汚泥炭化事業。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.