> > 千葉大、三井不動産など、小型植物工場を福島県の小中学校に設置

千葉大、三井不動産など、小型植物工場を福島県の小中学校に設置

記事を保存

千葉大学は、みらい、三井不動産、三協フロンテアの3社と、植物工場学校バージョン「みらい畑」を共同開発し、東日本大震災の影響で仮設学校での授業を行っている福島県の富岡町小中学校に設置する。

みらい畑は、閉鎖型施設内で人工光源を利用し、無農薬水耕栽培を行う植物工場。設置後は、サラダ菜やレタスなどを栽培しながら、植物工場の学校における活用方法の研究を行うために、理科や食育などの分野で授業プログラムの開発を行うとともに、屋外で野菜や植物に触れあうことが難しい被災地の児童に、植物と触れあう機会を提供する。

千葉大学では、平成21年より広さ約2坪のタイプのみらい畑を千葉県柏市の柏の葉キャンパスの商業施設「ららぽーと柏の葉」に設置し、地域住民による収穫・試食会を開催するなど、都市型植物工場のあり方について実証実験を行ってきた。

今回設置される「学校バージョンみらい畑」は、サイズを半分の約1坪にした新しいタイプ。平成24年1月に屋外に1台を設置済みで、3月にはさらに小型化し標準的な学校出入り口からも搬入出が可能なタイプを屋内に1台設置する予定。

また、千葉大学では、農林水産省より「モデルハウス型植物工場 実証・展示・研修事業」を受託しており、平成23年から柏の葉キャンパスで大規模な実証実験も展開中。その一つとして、小型で街のどこにでも設置できる「街中植物工場」について、民間企業とコンソーシアムを組織して研究を進めている。

今回の取り組みで、教育用植物工場として小中学校での利活用の可能性を検証し、今後は街中植物工場コンソーシアムとも連携しながら、全国の小中学校へ向けた植物工場の普及を進めていく計画。

なお、今回の事業は、文部科学省の推進する日本・中国・韓国等アジアの大学間人材交流事業「キャンパスアジア拠点事業」に採択されている、千葉大学の「植物環境デザイニングプログラム」の一環として実施される。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.