> > 京王電鉄、京王線・井の頭線1編成で客室全照明をLED化

京王電鉄、京王線・井の頭線1編成で客室全照明をLED化

記事を保存

今回、客室内の照明をLEDに切り替えるのは、京王線8000系車両1編成8両、井の頭線1000系車両1編成5両。LED照明化により、蛍光灯に比べて約35%の消費電力を削減できる見込み。また、長寿命のため、照明の交換サイクルが長くなるので、廃棄物の削減を図ることができる。同社では、今後、京王線・井の頭線の車両のさらなるLED照明化に向けた取り組みを進めていくとしている。

同社は、環境負荷の低減や省エネルギー化など、環境に配慮した様々な取り組みを推進している。車両での取り組みでは、電車の加速力や速度などに応じてモーターを効率よく動かすことで、消費電力を約30%削減できるVVVFインバータ制御装置(整備率96%)や、回生ブレーキ(整備率100%)を導入。駅での取り組みでは、永福町駅などに太陽光発電システムを設置しているほか、省電力型案内看板の導入や駅トイレの洗浄水での雨水利用などを進めている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.