> > 信越化学、ガス透過性を大幅に低減したLED用シリコーン封止材料を開発

信越化学、ガス透過性を大幅に低減したLED用シリコーン封止材料を開発

記事を保存

信越化学工業は、高輝度LEDパッケージ材料の一つであるシリコーン封止材料として、ガス透過性を大幅に低減した低屈折率タイプの新製品「KER-7000シリーズ」を開発し、照明用LED向けを中心にサンプル出荷を開始する。

同製品は、メチル系シリコーンと同等の耐熱性を維持した上で、ガス透過性を10分の1程度にまで大幅に低減することに成功。また、フェニル系シリコーンと比べた場合、ガス透過性は同等で、耐熱性は大きく上回る。同製品を用いた封止材料は、周辺部材の腐食を起因とする輝度の低下防止に効果を発揮するため、高輝度LEDの信頼性の飛躍的な向上に大きく貢献する。

また、屈折率が1.38とメチル系シリコーンよりも低く、光の透過性に優れるため、特に高輝度LED用フラットパッケージの封止材料として最適。製品には、硬度(デュロメータA)80の「KER-7080A/B」と硬度30の「KER-7030A/B」の2種類がある。

低ガス透過性は、耐熱性、耐光性とともにLED封止材料に求められる重要な特性の一つ。ガス透過性が高いと酸素などの気体が透過しやすいため、LEDの周辺部材に酸化や硫化が発生し、輝度の低下を招く可能性が指摘されていた。

信越化学は封止材料のほか、放熱ダイボンド材料、レンズ材料、リフレクター材料(反射材料)、防湿絶縁材料など、次々と新製品を開発、上市している高輝度LEDパッケージ材料で世界最大のメーカー。

これまで耐熱性に優れたメチル系シリコーンや低ガス透過性を追求したフェニル系シリコーンなど、さまざまな特長を持った封止材料を開発してきた。高輝度LED用シリコーン封止材料に関しても開発を進んでおり、代表的な製品である「SCRシリーズ」は携帯電話やノートパソコンのバックライト光源用LED向けに、また長期信頼性に優れ、ガス透過性を大幅に低減した「ASPシリーズ」は液晶テレビのバックライト光源用LED向けを中心に、それぞれ採用実績を増やしている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.