> > 住友化学、UCLAと連携、有機薄膜太陽電池で変換効率10.6%を達成

住友化学、UCLAと連携、有機薄膜太陽電池で変換効率10.6%を達成

記事を保存

住友化学は、同社が開発した材料を使用した有機薄膜太陽電池で、世界トップレベルの変換効率10.6%を達成したと発表した。この有機薄膜太陽電池は、カリフォルニア大学(UCLA)ロサンゼルス校のヤンヤン教授が作製したもので、変換効率は米国の国立再生可能エネルギー研究所(NREL)において認定された。NRELは、太陽電池の分野で世界的に有名な研究所で、太陽電池の性能を評価して公式に認定している。

今回作製された有機薄膜太陽電池は、吸収する波長範囲が異なる2種類の光電変換層を組み合わせた「タンデムセル構造」によるもの。広範囲に太陽光エネルギーの利用が可能となるため、単セル構造に比べて、高い変換効率を得ることができる。今回の10.6%という変換効率は、UCLAの短波長吸収型材料と電気的損失を最小化する中間層材料、および同社の高効率の長波長吸収型材料の組み合わせにより達成された。

同社は、現在事業化に向けて注力しているディスプレイ・照明用途の高分子有機ELに関連する技術を応用し、有機薄膜太陽電池の開発を進めている。高分子有機ELや有機薄膜太陽電池の効率向上の鍵を握る、高分子材料の設計・合成技術等を有することが強みとなっている。今後、UCLAとの共同研究等により、材料の性能向上に向けた開発を強化し、早期に有機薄膜太陽電池の変換効率を実用化レベルに到達させる考えだ。

有機薄膜太陽電池は、軽量で薄く、フレキシブル化が可能という特長を持つ。印刷法により大面積のセルを連続して製造できるため、現在主流となっているシリコン系太陽電池と比較して、製造コストが安価にできると期待されている。同社では、まず、有機薄膜太陽電池の特長を活かし、携帯機器向けの充電器や、室内の壁や透明なガラスとの一体型製品等の用途をターゲットに、採用を目指していくとしている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.