> > 第4次補正予算可決、3,000億円のエコカー補助金復活

第4次補正予算可決、3,000億円のエコカー補助金復活

記事を保存

エコカー補助金や円高対策等を盛り込んだ2011年度第4次補正予算が、2月8日の参議院本会議で賛成多数で可決された。総額は2兆5345億円。景気対策としてのエコカー補助金の復活に3000億円が計上された。

エコカー補助金では、一定の燃費基準を満たすエコカーに対し、乗用車10万円、軽自動車7万円、トラック・バスについては、大型車は90万円、中型は40万円、小型は20万円の補助を行う。対象は、昨年12月20日から2013年1月末までに新車新規登録(登録自動車)または新車新規検査届出(軽自動車)された自動車。第4次補正予算の成立を受け、申請受け付けが開始される見通し。申請総額が予算額を超えた場合は、期間内でも受け付け終了となる。

昨年12月、12月20日から適用されるエコカー補助金を含む、第4次補正予算案が閣議決定されたことを受け、すでにエコカー市場は活況を呈してきている。エコカー補助金は、2009年度にも実施されており、エコカー特需となった。前回は4月から9月30日までに新車登録されたものが対象だったが、終了間際に駆け込み申請が増え、当初の予算枠である約5837億円にほぼ達する見込みとなり、9月7日に申請受付を終了している。

第4次補正予算には、エコカー補助金のほか、円高やタイの洪水に対応する中小企業の資金繰り支援に7413億円、環太平洋経済連携協定(TPP)の交渉参加を向けた農業強化策に1574億円が計上されている。今年度の予算は、当初予算から4次補正まで合わせた一般会計予算の総額は過去最大の計107兆5105億円となった。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.