> > スズキ、英企業と合弁会社設立、燃料電池システム開発・製造を本格化

スズキ、英企業と合弁会社設立、燃料電池システム開発・製造を本格化

記事を保存

スズキは、次世代環境車のひとつである燃料電池を搭載した二輪車・四輪車の開発、製造に本格的に取り組むために、英国のインテリジェント・エナジー・ホールディングス社(IEH社)と燃料電池システムを開発・製造する合弁会社を設立すると発表した。合弁会社の資本金は7億5千万円。スズキとIEH社がそれぞれ50%出資し、本社を静岡県浜松市のスズキ本社内、研究施設をスズキの横浜研究室に設置する。

IEH社は、燃料電池システムの開発企業であるインテリジェント・エナジー社(IE社)を傘下に持つ。スズキとIE社は、これまでも共同で燃料電池システム搭載車の開発を進めてきた。合弁会社「SMILEFCシステム(SMILEFC)」は2012年2月に設立し、IE社が持つ燃料電池の開発技術にスズキの制御技術と量産技術を組み合わせて製品化を加速させる。

スズキとIE社は、2007年、2009年、2011年の東京モーターショーに共同開発の空冷式燃料電池システムを搭載した二輪車を出品。2011年3月には「バーグマンフューエルセルスクーター」が、二輪車、四輪車の燃料電池を搭載した車両としては世界で初めて欧州統一型式認証(WVTA)を取得している。両社は「SMILEFC」を軸に、軽量、コンパクトで低コスト化が見込める空冷式燃料電池システムをはじめとした、燃料電池の量産技術の開発、製造および、燃料電池部品のグローバルなサプライチェーンの開拓に注力していく考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.