> > 帝人、韓国企業と提携、リチウムイオン電池向けセパレータを本格展開

帝人、韓国企業と提携、リチウムイオン電池向けセパレータを本格展開

記事を保存

帝人は、韓国企業と提携し、リチウムイオン電池(LIB)向けセパレータの生産・販売事業に本格参入すると発表した。同社が開発した、2種の革新的セパレータについて、「LIELSORT(リエルソート)」のブランド名で展開する。タブレットPCや自動車など高容量、高エネルギー密度のLIBに向けて、今後幅広く採用拡大を図り、2020年に売上高200億円を目指す。

同社は、韓国のフィルム加工会社大手CNF社との合弁により、LIB用セパレータの生産会社、およびセパレータを販売するための100%子会社を韓国国内に設立する。LIB用セパレータ生産会社の資本金は70億ウォンで、出資比率は帝人が78%、CNF社が22%。2012年6月に稼働を開始する予定。販売会社の資本金は33億ウォンで、帝人が100%出資する。

帝人は、今回、LIB向けに、世界で初めてフッ素系化合物のコーティングした革新的なセパレータを開発した。また、2007年にはメタ系アラミド「コーネックス」をコーティングした高耐熱性セパレータを開発している。この2種のセパレータ「LIELSORT」は、その特性により、従来のLIBに比べて出力が20%程度向上するとともに、高電位正極との組み合わせにより、従来のセパレータに比べて数倍程度の長寿命化を実現できるという。

LIB市場は、2020年に8兆円規模の巨大市場に成長すると予想されており、特にタブレットPCや電気自動車が普及することにより、LIBのさらなる高容量化、高エネルギー密度化が見込まれている。同社では、急拡大するLIB市場を見据え、ニーズに幅広く応えるために、従来にはない高性能セパレータの開発に取り組んできた。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.