> > 刷新会議、太陽光・風力など再エネ分野で規制緩和、導入を加速

刷新会議、太陽光・風力など再エネ分野で規制緩和、導入を加速

記事を保存

政府の行政刷新会議の「規制・制度改革に関する分科会」は、エネルギー分野での183項目の規制改革案をまとめた。再生可能エネルギーの導入促進に向け、太陽光や風力、地熱発電に関する規制緩和などを盛り込んだ。今後、関係府省へのヒアリングや個別検討会を経て、規制・制度改革に係る方針を決め、3月末までに閣議決定し、関連法案の改正を順次行っていく予定だ。

太陽光発電については、面積規制のある工場立地法の届出対象から除外すべきとの規制改革事項が出された。また、風力発電については建築基準法の基準の見直し、地熱発電については性能基準の緩和などがあげられている。

「規制・制度改革に関する分科会」は、規制・制度改革に関する検討を行うため、昨年9月に行政刷新会議に設置された。エネルギー分野に関しては、「第2ワーキンググループ(WG)(エネルギー)」で調査・検討が行われている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.