> > ホンダ、国内四輪販売店への太陽光発電システムの設置を開始

ホンダ、国内四輪販売店への太陽光発電システムの設置を開始

記事を保存

ホンダは、2月4日に「HondaCars東京中央足立小台店」に9kWの太陽光発電システムを設置したことを発表した。同社は、国内の四輪販売店において、2013年度末までに全国合計1MWのホンダソルテック製太陽光発電システムを設置するプロジェクトを計画。今回の設置は、同プロジェクトにおける最初の事例となる。

ホンダソルテックは、太陽電池の製造・販売を手がけるホンダの子会社。同社のCIGS薄膜太陽電池は、製造過程における使用エネルギーが少ないうえ、曇天時や、朝や夕方の弱い太陽光でも結晶シリコン系太陽電池と比べて発電量が多いという特性がある。今回の設置により、全国の販売店へ設置を予定している合計1MWの太陽光発電システムによる予測年間CO2削減効果は約310tとなる見込み。

ホンダは、これまで自動車業界において国内トップとなる合計3.3MWの太陽光発電システムを国内の各事業所に設置、また、国内の四輪販売店にも太陽光発電システムを設置してきた。今回、販売領域におけるより一層のCO2排出量削減を目的に、現在の発電量などを表示する太陽光発電モニターの設置を含めた、太陽光システムの設置計画を決定した。

さらに、2013年稼働開始予定の埼玉県寄居工場には、国内自動車工場として最大となる2.6MWのホンダソルテック製太陽電池を設置する予定で、ホンダは、独自の技術と事業活動により、低炭素社会の実現により貢献していきたい考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.